スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今まで考えなかったこと

今まで、棚に陳列してるミネラルウォーターを見ても、”湧水をくんだ水”というだけで、気にもしなかった。
ただ、どこかの土地できれいな水を汲んでくるだけだと…。

確かに、疑問は、少しありました。
ナチュラルで、綺麗な水を汲んでくるということは、その付近一帯をきれいな状態で保たなければならないということ。
でも、じゃあ、どれだけの範囲をきれいにすればいいのか…。
ちょっと、スケールが大きすぎて、普段の生活からは、想像できない大きさなので、考えるをいつもやめてしまう。

普段、ミネラルウォーターを飲まないのだけれど、ボルヴィックの名前はよく知っている。

そのボルヴィックが、どうやって安心して自分たちのミネラルウォーターを味わってもらうか、非常によく考えていることがわかった。

自分で想像していた通り、綺麗なミネラルウォーターを汲みだすには、莫大な広さが必要。
そして、ボルヴィックが所有していた土地は、約4000ヘクタール(東京ドーム850ヶ分)でした。

「やっぱりな…さすがだな…」と、感心していましたが、本当にきれいな水を保つための広さの10%でしかないとのこと。
これだけ莫大な土地(約4000ヘクタール)を持っていても、まだ足りないということに、本当に驚きました。

そして、それを行うために、地域と協力し、水源を共有する…。

必要なものを分かち合って、守っていることに、感動しました。

それを行うための難しい道のりを考え、さらに実現まで達したことを想像したからです。

普段見慣れた、ミネラルウォーターの陳列棚。

ボルヴィックのボトルが並んでいると、いろんな人たちに守られているその水が、前よりも少し愛おしい気がします。


プレスブログからの紹介でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

海の味のにゃんこ

Author:海の味のにゃんこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
インフォメーション
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。 アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
インフォメーション その2
オススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。